中野区で矯正歯科(床矯正)の治療なら、コン デンタルクリニックへ

矯正歯科(床矯正)

矯正歯科(床矯正) 「歯並びが悪くて、口をあけて笑えない」
こんな悩みを抱えていませんか?

お口の悩みは人それぞれですが、外見的な悩み・コンプレックスを抱えている人はたくさんいます。

しかし、
「治療に時間がかかる」
「治療したいが高そう」
「長いこと放置してきたから、治療しても治らないんじゃないか」
という諦めや、矯正歯科に対する情報の少なさから、そのコンプレックスを解消するための行動を起こしている人はわずかなのが現状です。

歯並びで悩んでいる方、矯正するかどうか迷っている方、まずはコンデンタルクリニックにご相談ください。矯正の専門医の診断のもとに、アドバイスさせていただきます。小児矯正から大人の歯列矯正まで、お気軽にご相談下さい。

※成長期のお子様の矯正治療は歯並びをきれいにして、永久歯と顎が正しく成長できるようになります。

床矯正治療(しょうきょうせいちりょう)とは

床矯正は、取り外しのできる矯正装置の1つです。
従来の矯正治療は、永久歯が生えそろってから行われる事が多く、永久歯を抜かないといけない事もありました。

床矯正は、乳歯、あるいは乳歯と永久歯の混ざった混合歯列期の不正咬合の処置によく用いられる矯正治療方法で、4~6歳の間に不正咬合を発見できれば、簡単な装置とご家庭での治療で、従来より「安く」「痛くなく」「永久歯を抜く事なく」、矯正治療を行なうことが可能な「歯を抜かない矯正治療」です。

口の裏側、床下粘膜部につけるプラスチック製の床部分(レジン床)と、表側の歯を抑える金属線で作られた入れ歯のような形の装置で、レジン床に、バネやネジを埋め込むことで、歯を移動します。犬歯が生える前に治療が終われば、とても簡単に治療ができます。

  • 矯正歯科(床矯正)

    1. 拡大床装置でアゴを拡げて、歯が並ぶスペースを作ります。

  • 矯正歯科(床矯正)

    2. 閉鎖型装置で前歯をワイヤーで挟んで並べました。2つの床装置を使用しました。

歯並びはなぜ悪くなるのか?

歯が生えるスペースが足りないのです。ガタガタな歯並びはあごの成長不足の結果です。
口が開いていると、前歯が前に出てしまいます。

歯並びのために大切な事

  • 歯並びも大切ですが、それよりも使うことの方がもっと大切です。
  • 歯を正しく使うことでアゴを含む顔が発達します。
  • 顔が正しく発育すれば歯は正しく並びます。

子供の顔の成長と歯並び

床矯正治療顔の成長は、6歳までに80%が完了します。

  • 6歳から10歳までは成長が減速します。
  • 10歳から2回目の成長スパートが始まります。
  • 女の子は14歳、男の子は17歳まで成長します。

歯並びが悪くなる原因は、多くは6歳までのアゴの成長の不足なので、永久歯が生えてくる場所が足りなくなってしまった為の現象です。

永久歯の本数が増えるにしたがって、歯並びは乱れてしまいます。
成長が足りないまま、歯が生えてしますと、歯並びはガタガタになってしまいます。
正しい成長に追いつくように治療してあげる必要があります。

食生活について

正しい食生活は身体だけでなく、顔や歯並びにも深く関係しています。

矯正歯科(床矯正)
  • 正しい姿勢で食事をしましょう。
    足は床についていますか?足がついていないとしっかり咬めません。足が届かない場合には、踏み台などを置きましょう。床に座る場合には正座をしましょう。
  • 食材をえらびましょう。
    よく咬む運動のために繊維質を多くし、煮込み過ぎて柔らかく無いものを食事にとりいれましょう。
  • 食卓から水やお茶をなくしましょう。
    水分を取りながら食べると咬まずに流し込んでしまいます。
  • 15分以上かけてリズミカルに咬みましょう。
    早食いしない。TVを見ながらダラダラ食べない。
  • 前歯でかぶりつきましょう。
    一食に一品は前歯でがぶりつく様な物を食べましょう。 切らずに出せるおかずはそのまま出しましょう。海苔で包んだおにぎりや食後のデザートでもOKです。

咬むことの大切さ

咬むことで顔がきれいになります。

前歯の根は長くて鼻の穴付近まであります。したがって、前歯で咬むことで刺激が伝わり、上アゴが成長します。顔の70%が上アゴでできているので、前歯でしっかり咬むことにより、目や鼻まで変化します。

きれいな顔に成長するために、前歯をしっかり使いましょう。

お顔と歯のために

悪い習癖を治しましょう

  • 口をしっかり閉じましょう。口が開いていると成長の方向が下向きになって、鼻の下が長い顔になってしまいます。
  • 頬づえやアゴを押すような癖はやめましょう。
  • 指しゃぶり、唇をかむ癖などもやめましょう。
  • 舌の位置が低くて舌アゴを押しているような場合は矯正器具を使って治しましょう。

治療終了の目標は?

  • 10歳未満の人は10歳までには終わりましょう。
  • 10歳以上の人は出来るだけ早く終わりましょう。
  • 14~17以上で成長が終わってる人は自分で目標を決めてがんばりましょう。2~3年が目安です。